12月13日、「令和6年度介護・障害福祉報酬改定に関する要望事項」を菅義偉前内閣総理大臣・衆議院議員へ提出させていただきました。

12月13日、「令和6年度介護・障害福祉報酬改定に関する要望事項」を菅義偉前内閣総理大臣・衆議院議員へ提出させていただきました。

令和6年度介護・障害福祉報酬改定にあたり下記について要望いたしました。

令和6年度は診療報酬・介護報酬・障害福祉サービス等報酬同時改定となることから、介護・福祉分野における経営の安定性の確保と人材確保を図るべく、大幅な改定率(5%以上の引き上げ)の実現
要望事項①介護従事者への更なる処遇改善、加算の一本化・その他職種への分配
要望事項②ケアの質向上・従事者の負担軽減に資する生産性向上、DX推進
要望事項③科学的介護の推進、LIFE関連加算の拡充と該当サービスの拡大

今後も当連盟は要望活動、ロビー活動を関係各位に行ってまいります。

令和6年度介護・障害福祉報酬改定に向けた要望事項(菅義偉衆議院議員)[PDF]

関連記事

  1. 全国介護事業者政治連盟設立総会報告書
  2. 「物価等の高騰を踏まえた追加経済対策における介護分野へのさらなる…
  3. 『令和5年度予算・税制等における介護・福祉に関する要望事項』を提…
  4. 『公的価格の見直しと介護従事者等の処遇改善に係る解説セミナー』を…
  5. 『基本報酬の特例措置(0.1%の上乗せ)にかかる要望書』を提出致…
  6. 「物価等の高騰を踏まえた追加経済対策における介護分野へのさらなる…
  7. 5月24日、「骨太方針2023策定に向けた意見、要望について」を…
  8. 『令和3年度介護報酬改定に向けた要望事項』について田村憲久厚生労…
PAGE TOP